yuiyou’s Lifelog

アラフォー主婦がシンプルライフを目指します。私らしく心豊かに暮らせるように。

子供が机を片付けないのは親が原因かもしれない。

スポンサーリンク

f:id:yuiyou831:20170118135912j:plain

小学生男子こと長男の机が片付けてもすぐに無法地帯となり困っています。

そんな、彼にぴったりの授業が小学校の家庭科であったようです。

「物を生かして住みやすく」

整理・整頓をして住まいを快適にしましょうということのようです。

ナイスタイミング!!

 学習机の現状

長男の机が常に散らかっています。

というのも、子供部屋に机はあるけれど、ほぼリビング学習のため机の上が散乱していても本人は全く困りません。

学校の日課で使わない教科書や通信講座のテキストが、どんどんと机の上に放置されています。

これで、毎日忘れ物もせずに登校しているのが本当に不思議です。

なぜ、片付けないの?

どうして、片付けないのか考えてみました。

思いあたる理由は、

そもそも片付ける必要性を感じていない

→机の上が散らかっていても、本人は何ら不便を感じていないようです。

物を持ちすぎる。

→長男は、物を捨てられない性格です。

そのうえ、次男が使わないといった物を長男が毎度ありがたく受け取っています。

片付けないのに、物を増やしてしまうので困ったものです。

限界に達すると母が片付けてしまう。

→結局、これが一番原因なのかもしれません。

自分が片付けなくても母がすると無意識に思っているのかも。

これは、私が改めないといけませんね。

片付け・学校の授業の内容

小学校の家庭科の授業で、整理・整頓について学習したようです。

内容としては、自分の身の周りを見つめなおして、整理整頓や掃除をして快適に生活しましょうということのようです。

整理整頓の手順は、
  1. どのように整理整頓するか計画する
  2. 使うもの、迷うもの、使わないものに分類する
  3. 自分や家族が使いやすいように置き場所を決める
  4. 整理整頓をして気がついたことを振り返り、これからの生活や物の使いかたに生かす。

これは、片付けるうえで大切なことですね。

ぜひ、日常に取り入れて欲しいものです。

親も我慢が必要

どうして長男が片付けが苦手かと考えてみると、結局は私が原因なのだと思います。

机の片付けや日常生活のちょっとしたことなど、ついつい細かく口出しし、そして我慢できず私がやってしまうというパターンです。

これでは、息子が片付けなくても仕方が無い。

机の片付けが苦手な長男ですが、学校の事や勉強などは散らかった机からは想像できないほどきちんとやっています。

必要なことは、おそらく自分で判断してきちんとやるのでしょう。

ということは、机の片付けが必要だと思っていない可能性が大。

私が片付けに手を貸さず、机の上に大きな山が出来たなら本人も少しは片付ける必要性を感じるでしょうか・・・。

まずは、私が先回りして手を出さない我慢が一番必要なようです。

 

 

 小さい頃なら少しは効果があったかな??

ヒーロー・ヒロインから手紙が届く!【キャラレター】

    ↓

ブログ村テーマ

*シンプルライフ* *暮らしを楽しむ*

 最後まで読んでくださりありがとうございます。読んで頂けましたらぜひクリックお願いします☆


にほんブログ村


人気ブログランキングへ