yuiyou’s Lifelog

アラフォー主婦がシンプルライフを目指します。私らしく心豊かに暮らせるように。

スチールラックは万能家具。ただし掃除はやりにくい。

スポンサーリンク

f:id:yuiyou831:20170317070845j:image

週末は、本棚の整理をしました。

整理のつもりが、ついつい本を開いてしまいなかなかはかどりません。

そんな片付けの手をとめ読んだ本の一冊がOURHOMEのEmiさんの書かれた「スチールラックのすごい収納」です。

 

 スチールラックは最強家具になる

このEmiさんの書かれた「スチールラックのすごい収納」にもありますが、スチールラックは工夫次第でキッチン収納、クローゼット収納、洗濯機ラックにと色々な場所や用途で使うことができます。

なかなか大きな家具を購入しづらい引っ越しの多い方などにとって、スチールラックはまさに万能家具といえるでしょう。

私も、実際にオープン棚としてキッチン家電の収納にと使った経験があります。

 スチールラックは組み替え可能

スチールラックの一番の特徴になるのが、この組み替えが可能というところ。

自分の収納したい物に合わせて、棚の高さを自由自在に決めることが出来ます。 

重たい物ものせられる頑丈な作り

メーカーにより差がありますが、棚一段あたりの耐荷重が100キロ~250キロと重たい物も安心して収納できます。

テレビはもちろん、キッチンでオーブンなどの電化製品を収納する棚にもピッタリです。 

私が スチールラックの気になるところ

用途に合わせて使い回しができる便利なスチールラックですが、実際に使用していて気にになったところがいくつかあります。

掃除がしにくい

スチールラックを使っていて一番私が困っていたのが、この掃除。

こまめに掃除をすれば問題ないと思いますが、うっかり掃除をサボり編み目にホコリが溜まるとキレイにするのが大変です。

組み替えは案外大変

自由に組み替えができて、用途が変っても使い回しができるスチールラックですが、いざ組み替えるとなると案外大変です。

私は思い立ったら夫の休みまで待てず、すぐに組み替えをしていたのですが一人での作業はオススメしません。

解体するときは、ハンマーで下から叩いて棚板を外しますが思ったよりも大きな金属音が響くのでマンション住まいだと周囲がちょっと気になります・・・。

オープンラックはセンスが必要

フルオープンのスチールラックは、何を収納しているかが丸見え。

パントリーやクローゼットでで使う場合は問題ありませんが、そうでない場合は収納BOXやカゴなどを上手く使って片付けないと、どうしても物が散乱し乱雑な印象になってしまいます。

アイデアと工夫次第で住まいはより良くできる

私がEmiさんの「がんばらずにスッキリ片づく スチールラックのすごい収納」を買ったのは転勤先のキッチンに持っていた食器棚がサイズの問題で使用出来なくなった時。

何かいいアイデアがないかなと迷っていた時に、この本を書店で手に取りました。

一度はスチールラックを食器棚の代わりに使ってみようかと思いましたが、やはりホコリが気になりこちらは断念しました。

けれど、この本を読んでいるとスチールラックに限らずアイデア次第で、家族が利用しやすい収納そして住みやすい家を作り上げていく楽しさが伝わってきます。

そんな暮らしを考えるうえで、用途によってはスチールラックが強い味方になってくれるかもしれませんよ。

 

 

最後まで読んでくださりありがとうございます!

応援クリックしていただけると嬉しいです♪

    ↓ ↓

 

 私がいつも暮らしの参考にしているブログです。 (にほんブログ村テーマ)


■シンプルライフ
 

■すっきり暮らす 

■ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活 

■やっぱり好き MUJI 無印良品 

■素敵な大人のシンプルライフ 

■断捨離シンプル&ミニマムな暮らし