yuiyou’s Lifelog

アラフォー主婦がシンプルライフを目指します。私らしく心豊かに暮らせるように。

シンプルライフに詰め替え容器は必要??

スポンサーリンク

f:id:yuiyou831:20170306114652j:plain

雑誌のインテリアコーナーに登場するお宅でよく目にする、ずらりと並んだお揃いの詰め替え容器。

見た目にすっきりして、おしゃれだと思いますが残念ながら私は詰め替えはしていません。

 

 さよなら生活感

シンプルライフや物の少ないすっきりした暮らしが注目される今、容器を揃え見た目をすっきりさせることが出来る詰め替えが人気ですね。

私も、素敵だなぁ~と憧れたことがありました。

洗剤は、白いボトルに移し替えてオリジナルラベルを貼る。

調味料は、お揃いの透明容器に移し替えてラベリング。

確かに市販の洗剤や調味料は、カラフルで数が増えればそれだけで生活感がグンと出てしまいます。

詰め替え容器は、そんな生活感からさよならできる救世主かもしれません。

 

それでも私が詰め替えないわけ

私は、ごちゃごちゃ物が沢山あるよりも、生活感のないすっきりとしたインテリアが好みです。

女子らしいかわいいものよりも、男前ですっきりした雰囲気が落ち着きます。

 

そんな私が、生活感丸出しのものを詰め替え容器に移さないわけは、その移し替えが手間で無駄だと思うから。

おそろいの容器を購入する手間。

移し替える手間。

容器を手入れする手間。

どうしても、これらの手間をかけてまで詰め替える必要を感じないのです。

 

ごま、のり、いりこ、乾燥わかめなどの袋に入って売られているもの。

このままで使います。

容器に移し変えないので、スリムなまま。

場所を取りません。

空になったら捨てるだけ。

容器が汚れて洗う手間がかかりません。

 

洗剤やシャンプーのボトルももちろんそのまま。

こちらは、詰め替え用を補充して使うこともあります。

けれど、ずっと使っているとベタベタと汚れてくるので定期的にボトルごと交換します。

素敵な詰め替えボトルだとこうはいきません。

 

こんな理由から私は詰め替えません。

生活感があっても良いじゃない

こんな風に詰め替え容器に移さない生活を送っている私ですが、砂糖や塩など一部は詰め替えています。

それは、あくまでも使いやすさを考えてのことです。

生活感のないインテリアに憧れます。

けれど、実際の毎日は生活感が溢れることばかり。

料理をして食事をし、着替えて洗濯をする。

子供は、勉強して遊び、そして散らかす。

生活感はあって当たり前です。

そんな毎日の中で、一番は暮らしやすさに重きをおく。

そのうえで無駄を省いたスッキリとした暮らしを送りたいと思っています。

 

最後まで読んでくださりありがとうございます!

応援クリックしていただけると嬉しいです♪

    ↓ ↓

 

 私がいつも暮らしの参考にしているブログです。 (にほんブログ村テーマ)


■シンプルライフ
 

■すっきり暮らす 

■ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活 

■やっぱり好き MUJI 無印良品 

■素敵な大人のシンプルライフ 

■断捨離シンプル&ミニマムな暮らし