読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yuiyou’s Lifelog

アラフォー主婦がシンプルライフを目指します。私らしく心豊かに暮らせるように。

パンをやめると健康になる??「長生きしたけりゃパンは食べるな」

スポンサーリンク

f:id:yuiyou831:20170420083259j:plain

最近まで朝食はパンが中心でした。

そんな我が家ですが10日程前から朝ごはんのパンをやめました。

きっかけは書店で気になって購入した「長生きしたけりゃパンを食べるな」という本です。

 

 「長生きしたけりゃパンは食べるな」

書店をブラブラとしていた時に突然目に飛び込んできた本。

「長生きしたけりゃパンは食べるな」

なんとも衝撃的なタイトルです。

 

そんなことを言われても、我が家の食生活にパンは欠かせない。

特に長男はパンが大好きです。

朝食はもちろんですが、おやつにパンを食べることもあります。

私自身も、パンが好きでパン教室に通っていた過去も。

 

 

www.yuiyou.net

 

そんなパン好きの我が家にとって、この本は無視できず気になる事ばかり書かれています。

 

タイトルにはパンという言葉がクローズアップされていますが、内容はパンに限らずすべての小麦食品、つまりグルテンフリーに関する本になっています。

 

グルテンが体調不良を引き起こす??

 

衝撃的なタイトルの本ですが、目次に目を通してみるとさらに気になる項目が並んでいます。

 

  • あなたがパン好きなのは「グリアジン依存症」のせい
  • 老けない体は、「毎朝のパン」をやめるだけでつくれる
  • 肩こり・偏頭痛はグルテンが腸に穴をあけたから
  • パスタやラーメンが認知症をつくる
  • パンから米に変えただけで、情緒が安定する

 

この他にも、メタボ、糖尿病、肌荒れ、不眠、生理不順、などの体調不良の原因が「毎日のパン」つまりグルテンにあるかもしれないと著者のフォーブス弥生さんは言っています。

 

そして近年、小麦に含まれるたんぱく質「グルテン」が脳に炎症を起こし、腸に穴をあけると注目されているそうなのです。

 

グルテンフリーについては、テニスプレーヤーのジョコビッチ選手が実践していることで有名ですよね。

私も、聞いた事はありましたがその時はパンを抜く食事をイメージできず、深く知ることはありませんでした。

 

けれど、たまたま手に取ったこの本を読み進めていくと、普段口にしているグルテンが思う以上に私たちの体に良くない影響を与えているようだと知ることになりました。

 

もしこの本に書かれている通りに、グルテンを口にすることで体に負担があるのだとしたら・・・。

 

パンが大好きでよく食べているからこそ、意識して控える生活を送る必要があるのではないかと思ったのです。

 

 

我が家の食卓からパンが消えた

そして、今我が家ではパンを控える生活をしています。

急にご飯とお味噌汁の朝食に変わり、いつ息子からパンが食べたいと言われるかと少しドキドキしていました。

 

しかし、一度「明日はパンにして」と言われたものの、この衝撃的な本の表紙を見て母の決意を悟ったのかどうかはわかりませんが、意外にも不満はないようで安心しました。

 

朝のパンに以外にも、おやつも小麦からできた物を多く食べていましたが、最近は気をつけるようにしています。

 

肝心の体調の変化についてですが正直にいうとまだよくわかりません。

けれど、いつもだと生理前になると必ず吹き出物ができていたのですが、今回はそれがなく肌の調子はとても良いのです。

パンをやめた効果でしょうか??

 

これからまた変化をご報告をしたいと思います。

 

まとめ

パン、パスタ、ラーメン、うどん、クッキーにケーキ、揚げ物・・・。

いざ小麦を控えてみようと考えてみると、普段の生活でいかに多くの小麦食品を摂っているのかがわかります。

完全なグルテンフリーの生活を送るというのは、難しいかもしれません。

けれど、パンはごはんに、小麦粉は米粉に代用できるものは他の食品に置き換えてみようと思います。

 

 

パンやグルテンについて気になったら、一度読んでみると良いかもしれませんよ。

 

 

最後まで読んでくださりありがとうございます!

応援クリックしていただけると嬉しいです♪

    ↓ ↓

 

 私がいつも暮らしの参考にしているブログです。 (にほんブログ村テーマ)


■シンプルライフ
 

■すっきり暮らす 

■ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活 

■やっぱり好き MUJI 無印良品 

■素敵な大人のシンプルライフ 

■断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

 

 </p