yuiyou’s Lifelog

アラフォー主婦がシンプルライフを目指します。私らしく心豊かに暮らせるように。

料理本を断捨離。手元に残すのはこの3冊。

スポンサーリンク

f:id:yuiyou831:20170524064125j:image

窓を開けると風が心地よいこの季節。

気分も前向き、片付けスイッチがオンになっています。

 

今日は、料理本を断捨離しました。

 料理本コレクター

料理本を眺めるのが大好きでした。

昔から、料理に苦手意識があるからだと思います。

 

料理上手な人への憧れから思わず料理本に手が伸びる。

料理本を買って眺めていると、料理上手になれた気がしました。

 

けれど、よく考えてみると実際にたくさんの料理本を持っていても、作る料理は限られています。

せっかく買った料理本もほぼ鑑賞用。

これでは、料理本を持っている意味がありません。

 

そして、最近は何か新しいレシピを探す時は、材料から検索できることが便利でネットでを利用することが多くなりました。

残す本3冊

f:id:yuiyou831:20170524064132j:image

 

新しいレシピ探すには、ネットもあるし図書館で本を借りることもできます。

今でもよく利用している3冊だけ手元に残すことにしました。

おべんとうのおかず196

暮らしの手帖別冊のお弁当用レシピ本。

主菜・副菜・付け合わせがバランスよく載っています。

どれも、簡単に手に入る食材で和食中心の実用的なものばかり。

お弁当箱への詰め方の見本もあって、とても実用的な本です。

 

主菜・常備菜

飛田和緒さんの本2冊です。

家庭料理という言葉がぴったりで、日常的に食卓に並べたいレシピです。

手間がかかりすぎないところも嬉しい。

あまり目新しさはありませんが、その分ずっと作り続けたいと思える料理ばかりです。

 

 まとめ 

いつも新しいメニューを食卓に並べる料理上手な人に憧れていました。

 

だけど、冷静になって考えてみると我が家ではオシャレなメニューや珍しい料理は特に好まれません。

定番の家庭料理がみんな大好きです。

 

料理本をたくさん持っていることで「料理上手な私」になれた気がして安心していたのかもしれません。

そのことに気がつくと、あんなに大好きだった本棚の料理本に、自分の苦手意識を逆に意識させられます。

 

料理本を手放して、料理へのコンプレックスも一緒に手放します。

不思議なくらい気分がすっきりしました。

  

珍しさはあまりないかもしれませんが、我が家らしい家庭料理を作っていきたいと思います。

 

 断捨離した本は宅配買取を利用します。

www.yuiyou.net

 

 

最後まで読んでくださりありがとうございます!

応援クリックしていただけると嬉しいです♪

    ↓ ↓

 

 私がいつも暮らしの参考にしているブログです。(にほんブログ村テーマ)

 

■収納・片付け 

■シンプルライフ 

■すっきり暮らす 

■ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活 

■やっぱり好き MUJI 無印良品 

■素敵な大人のシンプルライフ 

■断捨離シンプル&ミニマムな暮らし